ケアプラン作成

居宅介護支援事業者等が、どんなサービスを、どれくらい利用するか、ケアプランを作成します。

※ ケアプランを利用者が作成することもできますが、このときは区の介護保険の窓口へケアプランを自己作成する旨の届け出が必要です。
  また、利用者がサービス事業者と連絡・調整等を行い、サービス利用票などを作成し、毎月、区の介護保険の窓口へ届け出る必要があります。

介護サービスを利用できる方(要介護1~5)

介護サービスを
利用できる方
(要介護1~5)
主に自宅で生活しながら受けるサービス
居宅介護
支援事業者
アセスメント サービス担当者
との話合い
ケアプランの作成
ケアマネージャーが利用者や家族の希望、心身の状態や環境、生活歴を把握し、課題を分析します。 本人の状態にもっとも適したサービスを、利用者・家族やサービス担当者と検討します。 利用するサービスの種類や回数を決定します。
(訪問介護、通所介護(デイサービス)、短期入所生活介護(ショートステイ)、福祉用具貸与など)
主に施設等に入所(入居)して受けるサービス
施設等と契約 ケアプランの作成
希望する施設等を選び直接申し込みます。
(特別養護老人ホーム、老人保健施設、グループホームなど)
施設等のケアマネージャーが本人・家族や施設のスタッフと相談し、利用者に適したケアプランを作成します。



介護予防サービスを利用できる方(要支援1・2)

介護予防サービス
を利用できる方
(要支援1・2)
主に自宅で生活しながら受けるサービス
介護予防
支援事業者
(地域包括
支援センター)
アセスメント サービス担当者
との話合い
ケアプランの作成
ケアマネージャーが利用者や家族の希望、心身の状態や環境、生活歴を把握し、課題を分析します。 目標を設定して、それを達成するための支援メニューを、利用者・家族やサービス担当者と検討します。 利用するサービスの種類や回数を決定します。
※ 介護予防支援事業者(地域包括支援センター)では、
  介護予防のケアプランの原案作成を、お近くの居宅介護支援事業者へ委託することがあります。



介護予防事業を利用できる方(非該当のうち特定高齢者)

介護予防事業を
利用できる方
(非該当のうち
特定高齢者)
生活機能を維持・向上させるための事業
地域包括
支援センター
アセスメント 介護予防事業担当者
との話合い
ケアプランの作成
生活機能評価の結果等をもとに、利用者や家族の希望を把握し、課題を分析します。 複数の事業を利用するなど必要な場合に実施します。 目標を設定して利用する事業を決定します。