介護サービス
自宅で利用できるサービス

訪問介護(ホームヘルプサービス)

介護福祉士やホームヘルパーが訪問し、身体介護や生活援助をします。通院時などの乗車や降車の介助もあります。

夜間対応型訪問介護 ※施設密着型サービス

24時間安心して居宅での生活が送れるよう、夜間の巡回や通報システムにより対応する訪問介護を行います。このサービスは、地域密着型サービスであり、大阪市の被保険者は、原則として大阪市内の事業所のみ利用できます。(要支援1・2の方は、利用できません)

訪問入浴介護

介護職員と看護師が、移動入浴車などで訪問し、浴槽を提供して、入浴の介護を行います。

訪問看護

医師の指示に基づき、看護師などが訪問し、療養上のお世話、診療の補助を行います。

訪問リハビリテーション

医師の指示に基づき、理学療法士、作業療法士などが訪問し、リハビリを行います。

居宅療養管理指導

医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士、保健師、看護師が訪問し、療養上の管理・指導を行います。

通いで利用できるサービス

通所介護(デイサービス)

デイサービスセンターなどで、入浴や食事の提供、レクリエーションなどの機能訓練を行います。

通所リハビリテーション(デイケア)

介護老人保健施設や病院・診療所で、リハビリテーションを行います。

認知症対応型通所介護 ※地域密着型サービス

認知症の方を対象に日帰りで入浴や食事の提供、機能訓練などを行います。

このサービスは、地域密着型サービスであり、大阪市の被保険者は、原則として大阪市内の事業所のみ利用できます。

施設に短期間入所するサービス

短期入所生活介護(福祉施設におけるショートステイ)

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)に短期間入所して、食事、入浴などの介護や機能訓練を行います。

短期入所療養介護(医療施設におけるショートステイ)

介護老人保健施設などに短期間入所して、医学的な管理のもとでの医療、介護、機能訓練を行います。

福祉用具・住宅改修

福祉用具貸与

日常生活の自立を助けたり、介護の負担を軽くするために、次の福祉用具(車椅子・ベッド等)をケアプランに組み入れて利用することができます。

福祉用具購入

入浴やトイレのときに使う次の福祉用具を購入することができます。

都道府県の指定を受けた事業者から購入することが必要です。

住宅改修

自立や介護をしやすい生活環境を整えるため、次の小規模な住宅改修をすることができます。

事前に申請が必要ですので、工事を始める前に、介護保険の対象となるかどうかを、ケアマネージャーまたはお住まいの区の保健福祉センターの介護保険の窓口で相談してください。
保健福祉センターの職員が訪問勧誘することはありませんので、不審な訪問者があったときは、お住まいの区の保健福祉センターの介護保険の窓口に電話などで確認してください。